jumper

コラム

IP電話を構築する大きなメリット

IP電話のシステム構築のメリットとして、一番に思い浮かぶのは「コスト削減」ではないでしょうか。実はこの他にも、様々なメリットがあります。こちらでは、そのメリットをピックアップしてご紹介いたします。

充実の機能で迅速な対応ができる

充実の機能で迅速な対応ができる

IP電話のシステムを構築することによって、指定した電話番号からの着信を自動で転送するように設定したり、着信状況をメールの通知で受けることもできます。また、受信・発信時にパソコンのモニタに顧客情報が表示される機能を活用すれば、より迅速に対応することもできるでしょう。ちなみに顧客情報は暗号化されるため、データ管理の面でも安心です。

各社員に個別の電話番号を割り振ることができる

IP電話なら、各社員に直通の電話番号を割り当てることができます。電話の取り次ぎの手間を省き、担当者にダイレクトにつながることで、顧客や取引先を待たせることがなくなります。また、050からはじまるIP電話の番号は市外局番のように地域に縛られることがないため、他県への異動によって新たに電話番号を取得する必要もありません。

携帯電話からでも代表番号で発信できるため信用につながる

携帯電話からでも代表番号で発信できるため信用につながる

現在は、着信を受けた際に発信側の電話番号が通知されるため、ディスプレイに表示される電話番号を確認した上で電話に出ることがほとんどです。そのため、受け手側が把握している電話番号から発信することが、信用につながります。IP電話のシステムを構築すれば、社内に設置した複数の電話機だけでなく、携帯電話からも代表電話の番号で発信することが可能です。

モニタリングでオペレーターのスキル向上に役立つ

通話のモニタリングが簡単にできるのも、IP電話の大きなメリットです。新人オペレーターの通話をモニタリングできれば、リアルタイムでアドバイスをしたり、トラブル防止にも役立ちます。オペレーターの通話を全て録音することができますので、スキルの高いオペレーターの通話記録を研修で用いることもできます。研修・教育を徹底してオペレーターのモチベーションを上げることによって、顧客満足度の向上にもつながるでしょう。

CONTACT

製品・サービスに関するご質問、お見積もり、お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

 050-5505-5509

受付時間 9:30 - 12:00, 13:00 - 17:00
(土日祝および年末年始を除く)