Top > 製品 / サポート > Continuent Tungsten
Continuent Tungsten

MySQLに安定した二重化を提供するTungsten Enterprise for MySQL

MySQLではデータの可用性を向上させるために、マスターサーバ(以下、マスター)から複数のスレーブサーバ(以下、スレーブ)へデータを非同期にコピーするレプリケーション機能がよく使われます。しかしながら、マスターが障害で停止した場合、スレーブをマスターに切り替える等の作業は自動化されておらず、サービス全体が停止する可能性があります。 「Tungsten Enterprise for MySQL」は、この標準のレプリケーションでは実現できない、マスターとスレーブ間の自動フェールオーバーを可能にします。もし、マスターが障害で停止した場合、複数あるスレーブから、もっとも更新状態が新しいスレーブを選択してマスターに昇格させます。これにより、ノンストップのデータベースを構築できます。

製品名 特長
Tungsten Enterprise for MySQL

MySQLを複数台同時にコントロールし、一台のようにバーチャルデータベースを構築できます。これにより、24時間365日無停止で運用できる強固なサービスの提供が可能です。管理ツールが優れており、障害時の復旧が非常に簡単で、運用側の負担を大きく減らし、運用手順の構築が楽になります。

インストール

お客様のご要望に応じた形で、インストールを代行いたします。

さらに詳しくさらに詳しく

タングステンのマスタ/スレーブのアプローチが解決する課題

タングステンのマスタ/スレーブのアプローチが解決する課題

新しいスレーブを追加するときも、直近のバックアップから、データを復旧するだけで、マスターの現在の実行ポジションまで、自動でデータを同期して復旧ができます。バックアップ時の実行ポジションを気にする必要はありません。これは、TungstenがグローバルトランザクションIDという概念を用いて、一元的に全サーバの実行ポジションを管理することで実現しています。

タングステン レプリケーションー複製の作成

タングステン レプリケーションー複製の作成

レプリケーションはバージョン非依存の形式で行われます。つまり、異なるバージョン間でも問題なく複製が可能です。

タングステンSQLルーターデータベースの決定

タングステンSQLルーターデータベースの決定

レプリケーションは、非常時のバックアップ目的というだけでなく、マスターの負荷の軽減という目的としても利用されます。書き込みはマスター、読み込みはスレーブという運用は、大規模サイトでのデータベースへの負荷軽減として、非常に有効な手段です。Tungstenでは、アプリケーション側の実装を変更することなく、マスターとスレーブへの接続を、事前に設定したポリシーに従って、自動的に適切なサーバへ接続させることができます。障害時でも自動的に接続可能なサーバを検知して接続先を変更します。つまり、Tungstenは、アプリケーションの信頼性を向上させると同時に、開発の負担を軽減できる、非常に優れたソリューションです。

  • 株式会社ソフトエイジェンシー
  • 〒323-0820 栃木県小山市西城南5丁目16番地9
  • TEL: 050-5505-5509 FAX: 0285-31-5845
company information

MySQL正規販売パートナー株式会社ソフトエイジェンシーはISO27001認証取得企業です。
SoftAgency®は株式会社ソフトエイジェンシーの登録商標です。


SoftAgencyは、株式会社ソフトエイジェンシーの登録商標です。
OracleとJavaは、Oracle Corporation 及 びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。