jumper

コラム

便利なネット決済の煩わしいパスワード事情 きちんと使い分けてますか?

今はネットでの振込やショッピングがスマホで簡単にできる時代です。しかし、ここで注意しておきたいのがセキュリティ。2014年にトレンドマイクロがお個なった調査では、実に9割以上のユーザーが同じパスワードを使い回しているという報告があります。この結果を受け、さまざまな機関・企業がセキュリティの重要性を啓発してきましたが、現状はどのようになっているのでしょうか? それを突き止めるべく、今回は100名の男女に向け、ID・パスワードの使い分けに関するアンケートを実施しました。

Q.ネットやアプリでの金融サービス、または決済サービスのID・パスワードはサービスによって変えていますか?

ネットやアプリでの金融サービス、または決済サービスのID・パスワードはサービスによって変えていますか?

1位:2~3種類のID・パスワードを使っている

アンケート第一位になったのは「2〜3種類のID・パスワードを使い分けている」という意見でした。この程度であれば、暗記しておけるということでしょう。セキュリティは意識しつつも、利便性を捨てきれないといった方からの票が多く集まっている印象です。

2位:全てのサービスで異なるID・パスワードを設定している

第二位はすべてのID・パスワードを変えているという意見。セキュリティの観点で言えば、理想的と言えるでしょう。コメントを見ていくと、やはり皆さん乗っ取り等の不正不要に対して大きなリスクを感じていらっしゃるようです。

3位:1種類のID・パスワードを使いまわしている

第三位は1種類のID・パスワードを使い回しているという意見。15%もの方がこのような設定を行っています。ただし、コメントを見ていくと、セキュリティ上のリスクについては感じている、という意見もありました。


ID・パスワードが万が一外部に流出してしまった場合には、利用しているサービスのすべてが不正に利用されてしまう可能性も十分にあります。流出に早めに気がついたとしても、すべてのID・パスワードを変更するのには多くの時間と手間もかかるでしょう。できることなら、ID・パスワードはサービスごとに個別に設けることがおすすめです。

なお、今回のアンケ—トでは、85%もの方が別のID・パスワードを使い分けていることが分かりました。冒頭でご紹介したとおり、2014年の段階では9割以上の方が同じパスワードを使い回していましたが、今回のアンケート結果を見ると、その状況も改善されつつあるようです。とは言え、まだまだ使い回しをされている方がいないわけではありません。ご自身の大切な情報を守るためにも、ID・パスワード設定は慎重に行いましょう。

CONTACT

製品・サービスに関するご質問、お見積もり、お問い合わせなど、お気軽にご連絡ください。

 050-5505-5509

受付時間 9:30 - 12:00, 13:00 - 17:00
(土日祝および年末年始を除く)